教育系の資格で働ける職場

子供と関わる仕事の代表格として、学校の先生をはじめとした、教育の現場に携わる職業が挙げられます。
ここでは、教育に関わる職業に必要な資格をそれぞれ紹介していきます。

幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭普通免許状が必要です。
これが無いと幼稚園の先生になることはできません。

公立や私立の小学校の先生になるための資格が、小学校教諭普通免許状です。
中学校や高校の先生と違い、教科全般を指導できる力が求められます。

中学校の先生のなるための資格が、中学校教諭普通免許状です。
資格を取得するのは科目ごとになり、合格後は受験した科目での担当になります。
小学校の先生と違い、より一つ一つの教科に特化した知識や技術を習得する必要があります。

高校の先生になるための資格が、高等学校教諭普通免許状です。
資格を取るには科目ごとになり、小学校や中学校の先生より高度な科目ごとの知識が必要になります。
どこの地域で試験を受けても、すべての都道府県で利用できます。

特別支援学校教諭は、盲学校や聾学校、養護学校などの先生や、一般の学校に併設されている支援学級などで働くための資格です。
通常の教諭としての資格を取得していなければ受けることができません。
障害などに応じた自立支援などより専門的な知識や技能が必要とされ、教諭の免許の中で最も合格率の低い資格です。

学校図書館司書教諭は、学校の図書館で専門的な資料に関連する仕事を行うための資格です。
この資格は教員免許を持っていなくても大学で所定の単位を取得すれば受けることができますが、受験者は教員免許を持っている有資格者がほとんどです。

チャイルドマインダーは民間資格で、受験資格は特になく、どんな人でも受けることができます。
自宅で教室を開いたり、保育園や幼稚園などで働く際の子供の専門家として活躍したりできます。

その他にも教育に関わる資格は多種多様に存在しています。