子供とのコミュニケーションを重視できる職場

子供好きな看護師にとって魅力的な職場の候補としてまず挙げられるのは、小児科です。
子供と接する機会が多く、そのコミュニケーションを大切にして働ける職場が良いとなると、小児科くらいしか候補として思いつかないという看護師もいるかもしれません。
小児科では人材が不足しており、ベテランの人材も求められていることから、看護師長などへの昇進を目指すキャリアパスを描いていくことも可能です。
しかし、子供とのコミュニケーションが重視されている職場は、必ずしも小児科だけではありません。
他の選択肢も考慮し、どんな道を歩んでいくのがベストかを考えてみる必要があります。

医療関係では、産婦人科が代表例として挙げられます。
生まれた直後の新生児の看護をしたいという看護師に向いています。
また、保育施設で働くという道もあります。
乳幼児の日常的な健康管理や衛生管理などの担い手になるのが特徴です。
健診施設についても、学校を主な対象として健康診断を実施しているところを選べば、小学生から高校生くらいまでの幅広い年齢層の子供と接することができます。

なお、職場の選び方により、接する子供が病気を患っている人なのか健常者なのか、年齢層がどのくらいか、勤務時間帯がどのようになっているのかが大きく違います。
特にコミュニケーションという観点からは年齢層の違いの影響が大きいので、どの職場で働くかで悩んだ際は、検討のポイントとして考慮するのがおすすめです。